成功事例

富士山ふもとの茶畑を前に、お茶を一服! 農家民宿「ちゃの生」

静岡県富士市にある農家民宿「ちゃの生(ちゃのき)」。ここでは、富士山が見える茶畑で収穫した茶葉を自分で煎れるなど、新鮮な体験と日々の疲れを癒す絶景が楽しめる。いま話題の農泊紹介第四弾。

里山の暮らしを味わえる
体験型の農家民宿

富士山のふもと、標高450m。北に富士山、南に駿河湾を望み、茶畑に囲まれた静かな里山のなかに、「ちゃの生(ちゃのき)」は佇む。オーナーである茶農家・豊田由美さんが「農と食がつながるひと時を、皆さんと共有したい」という思いでオープンした、体験型の農家民宿だ。

ハーブや野菜の収穫や種まきといった農業体験をはじめ、うどんづくりやジャムづくりなど、希望に応じた里山の暮らしを体験できる。春には目の前に広がる茶畑で収穫した茶葉を炒り、自分で煎れた日本茶を頂くことも可能。何度でも訪れたくなる、農が身近にある暮らしを楽しもう。


お土産には、ロクジカ商品のお茶や緑茶のパスタソースも。


茶畑レストランでは、旬の野菜を中心としたランチが味わえる。



民家を改装した宿は、まるで実家に帰ってきたような温かみがあふれる。

 

DATA

ちゃの生

住所:静岡県富士市大渕11253
TEL:0545-35-0247


ロクジカチャネル vol.23(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 富士山ふもとの茶畑を前に、お茶を一服! 農家民宿「ちゃの生」
  2. さつまいもを使った”おいしい体験”が魅力! 体験型農業テーマパーク
  3. 廃校舎をリノベーション! 一年中みかんが楽しめる6次化農泊施設
  4. 農家民宿が131戸も!? 青森で楽しむ”農業・加工を体験する旅”
  5. 6次産業化のための8つのステップ【Part2】
  6. ストーリーで選ぶ!農家のロクジカワイン
  7. ワインの醸造施設や瓶詰見学も! 伊豆市の”泊まれるワイナリー”

フリーマガジン

「ロクジカチャネル」

vol.23 / ¥0
2018年10月発行