成功事例

なめこ農家がオープン! 「創作イタリアン」が楽しめる小さな宿

福島県二本松市にある小さな宿「東和季の子工房」。ここでは、美味しいなめこをふんだんに使った創作イタリアン料理が味わえる。いま話題の農泊紹介第五弾。

里山の中でシェフの創作
イタリアンを堪能!

なめこ農家がオープンした民宿には、連日グルメな人々が訪れる。宿の目玉は、東京からUターンした、なめこ農家2代目の武藤洋平さんが作る本格イタリアン。

看板メニューのなめこピザ。

イタリアンはほぼ独学だというが、フレンチレストランで働いていた経験を活かし、季節の移ろいを楽しめる創作料理を生み出している。

自宅を改装した、ぬくもりのある空間で食事を楽しむ。

宿泊客は栽培施設でなめこを収穫し、お土産として持ち帰ることができる。

「食を通して福島の地域の魅力を伝えることが、私たちの役目です」と語る武藤さんは、なめこはもちろん、地域の農家仲間から仕入れた食材を使った料理をお客様に提供する。レストランの2階の客間に泊まって、自然のなかでお酒を飲みながらゆったりと過ごす贅沢を味わってみては。

DATA

東和季の子工房
福島県二本松市太田字一本松7
TEL:0243-46-2166


ロクジカチャネル vol.23(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 戦略不足で陥りやすい、6次産業化の落とし穴とは?
  2. 6次産業化のための8つのステップ【Part2】
  3. 6次産業化のための8つのステップ【Part1】
  4. 耕作放棄地を再生! 6次化が生んだ成功ストーリー
  5. 独自に始める? 6次産業化プランナーに相談する?
  6. まずは「その6次産業化がなぜ必要か?」を考える
  7. バイヤーと出会える! 生産品PRイベント開催!
  8. 茶の魅力を世界へ「抹茶ティラミス」に懸ける想い
  9. 6次産業化アワード、農林水産大臣賞は熊本のオオヤブデイリーファーム
  10. 地域の人々に愛される! コラボ商品が成功する3つの秘訣とは?

フリーマガジン

「ロクジカチャネル」

vol.24 / ¥0
2019年3月発行