成功事例

廃校舎をリノベーション! 一年中みかんが楽しめる6次化農泊施設

農泊推進対策支援地域である、和歌山県田辺市秋津野。昭和にタイムスリップしたような趣ある旧校舎が、人々をお出迎え。ここでは、みかんの収穫作業やとれたての作物をスイーツに加工するなど、素敵な体験ができる。いま話題の農泊紹介第二弾。

廃校をリノベーションした
果物の里で6次産業化を体験

ギシギシと音の鳴る床や、陽だまりの軒先。校舎には誰もが懐かしさを感じる原風景が残っている。秋津野ガルテンは廃校となった小学校を改装し、都市と農村の交流を目指す施設として生まれ変わった。運営するのは行政ではなく、農家を中心とした地域住民が出資して立ち上げた企業だ。

ここではみかん類の収穫などの農作業のほか、採れたての作物をジュースやスイーツに加工するなど、6次産業化も体験可能。ランチは「農家レストラン」で、地元のお母さんたちによる手料理バイキングに舌鼓を。みかんの美味しさが忘れられない旅になる。


みかん収穫のほか、さまざまな農業体験ができる。


採れたてのミカンを加工する6次産業化の体験も。


無添加・無調整のジュースはお土産に大人気。


宿泊は、ゆっくりくつろげる落ち着いた和室で。

 

DATA

秋津野ガルテン

住所:和歌山県田辺市上秋津4558-8
TEL:0739-35-1199


ロクジカチャネル vol.23(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 戦略不足で陥りやすい、6次産業化の落とし穴とは?
  2. 6次産業化のための8つのステップ【Part1】
  3. 6次産業化のための8つのステップ【Part2】
  4. 6次産業化アワード、農林水産大臣賞は熊本のオオヤブデイリーファーム
  5. まずは「その6次産業化がなぜ必要か?」を考える
  6. 独自に始める? 6次産業化プランナーに相談する?
  7. 第6回チーム・シェフ・コンクール試食審査会が開催
  8. さつまいもを使った”おいしい体験”が魅力! 体験型農業テーマパーク
  9. 農家必見! 展示会でバイヤーが「つい買いたくなる」ブースの作り方
  10. 耕作放棄地を再生! 6次化が生んだ成功ストーリー

フリーマガジン

「ロクジカチャネル」

vol.24 / ¥0
2019年3月発行