成功事例

未経験からコンテスト受賞チーズへ。成功の秘訣は?

「循環農法」で作る、最高品質の生乳。その美味しさを100%伝えるには、6次産業化という選択がベストだった。受賞歴を多数持つチーズづくりの秘訣とは?

味わい深い希少なミルクを
20年以上も生産し続ける

甘く濃厚な味わいながら、後味はスッキリ。北海道興部町にある冨田ファームで生産しているのは、高脂肪・高タンパクを両立する全国的にも希少なミルクだ。美味しさの秘訣は、20年以上の実績がある「循環農法」。

化学肥料を一切使わず、排泄物を土に還元しながら牧草を有機栽培し、その牧草で作った発酵飼料を通年、安定的に牛に与える農法のことだ。おかげで、約80頭におよぶ搾乳牛からは、1日2tほどの高品質なミルクが生産されるという。

ミルクの美味しさの秘訣は、栄養満点の開花時期に刈り取った有機牧草で作る発酵飼料。通年、同じ餌を与えることでミルクの品質を一定に管理。

チーズ加工により
ミルクの美味しさを全国へ

そんな冨田ファームが6次産業化を始めたのは、2002年。

「ミルクの魅力を消費者の方々に届ける手段として、事業を始めました。チーズは保存性が高く、原料の特性が最も反映されます。なので、牛乳より先にチーズの製品化に着手したんです」。

そう話すのは、代表・冨田泰雄さんの娘・佳子さん。有名なチーズ職人に教えを仰ぎながら、徹底してデータを取り、微調整していったことで飛躍的にチーズの品質が向上。半年後の2003年には、オールジャパンナチュラルチーズコンテストのハード部門で優秀賞を受賞し、その2年後には同部門で金賞という快挙を成し遂げた。

2012年に農林水産省から6次産業化の認定を受け、同省の支援を受けながら加工設備を整備。現在では15種のチーズを販売し、数々の賞を獲得している。

「Japan Cheese Award 2016」金賞を受賞した「ジャパンブルーおこっぺ」を熟成中。

牧場に併設された直売所では、全種類のチーズと牛乳を販売。

レストランでは、温野菜に溶かしたチーズをかけて食べるスイスの家庭料理「ラクレット」を提供。

12>

関連記事

アクセスランキング

  1. 戦略不足で陥りやすい、6次産業化の落とし穴とは?
  2. 6次産業化のための8つのステップ【Part1】
  3. 海外進出も! 徹底したブランディングが変えたもの
  4. 独自に始める? 6次産業化プランナーに相談する?
  5. 耕作放棄地を再生! 6次化が生んだ成功ストーリー
  6. 6次産業化のための8つのステップ【Part2】
  7. 茶の魅力を世界へ「抹茶ティラミス」に懸ける想い
  8. まずは「その6次産業化がなぜ必要か?」を考える
  9. 商品ブランディングでありがちな失敗例とは?
  10. 富士山ふもとの茶畑を前に、お茶を一服! 農家民宿「ちゃの生」

フリーマガジン

「ロクジカチャネル」

vol.24 / ¥0
2019年3月発行