「成功事例」の検索結果

「地元の資源を残したい」と立ち上がった一人の男の情熱が、さまざまな人を動かした。そして誕生したロクジカでの夢のワイナリー。岡山を人の集まる場所にするための、アート感あふれるブランディングに注目が集まっている。

若き実業家がクリエイターと挑む!情熱のワイナリー

「循環農法」で作る、最高品質の生乳。その美味しさを100%伝えるには、6次産業化という選択がベストだった。受賞歴を多数持つチーズづくりの秘訣とは?

未経験からコンテスト受賞チーズへ。成功の秘訣は?

「原料に勝る技術なし」をモットーに、牛が食べる牧草の重要性を考慮し、化学肥料も有機肥料も使用しない「循環農法」を実践してきた冨田ファーム。その良質なミルクをベースにしたチーズ開発へのこだわりとは。

最高の原料で最高のチーズを作る、酪農家夫婦の挑戦

多くの6次産業化の成功事例がある中、今回取材した株式会社蒼のダイヤが成功させたのは6次産業化による耕作放棄地の再生。一度枯れた農地に、輝きを取り戻すまでのストーリーとは?

耕作放棄地を再生! 6次化が生んだ成功ストーリー

「フレッシュかつ芳醇な香りで和食に合う」と評判のオリーブオイルの成功の秘訣は、6次産業化を見据えて行った生産から加工までの徹底した品質管理によるものだった。

まずは「その6次産業化がなぜ必要か?」を考える

福島県飯坂町にある「フルーツの伊藤園」が作る高級干しぶどう。枝の付いためずらしい見た目とやわらかな食感で人気の商品だが、その成功にはブランディングが大きく関わっている。

海外進出も! 徹底したブランディングが変えたもの

大阪の新名物ともいわれるワイン「たこシャン」で知られるカタシモワイナリー。103年つづく老舗も6次産業化の支援施策を活用し、地域活性化に繋がる商品を生み出している。

ブドウの価値を高めたい! 大阪ワイン誕生秘話

アクセスランキング

  1. 耕作放棄地を再生! 6次化が生んだ成功ストーリー
  2. 戦略不足で陥りやすい、6次産業化の落とし穴とは?
  3. 6次産業化のための8つのステップ【Part1】
  4. 農家必見! 展示会でバイヤーが「つい買いたくなる」ブースの作り方
  5. ワインの醸造施設や瓶詰見学も! 伊豆市の”泊まれるワイナリー”
  6. 独自に始める? 6次産業化プランナーに相談する?
  7. 地域の人々に愛される! コラボ商品が成功する3つの秘訣とは?
  8. 海外進出も! 徹底したブランディングが変えたもの
  9. 商品ブランディングでありがちな失敗例とは?
  10. まずは「その6次産業化がなぜ必要か?」を考える

フリーマガジン

「ロクジカチャネル」

vol.24 / ¥0
2019年3月発行