インタビュー

農業支援のため、農水省での経験を生かし始めたこと

チーズに興味を持った 東京の人たちを北海道へ 2015年11月にオープンした「チーズのこえ」。「北海道ナチュラルチーズ・コンシェルジュ」と冠し、道内30以上の厳選した工房のナチュラルチーズを販売するお店は、オープン当初か […]

チーズに興味を持った
東京の人たちを北海道へ

2015年11月にオープンした「チーズのこえ」。「北海道ナチュラルチーズ・コンシェルジュ」と冠し、道内30以上の厳選した工房のナチュラルチーズを販売するお店は、オープン当初から評判を集め、今や全国からファンが訪れる人気店に。チーズ専門店としてすでに高い評価を得ているが、代表の今野さんの目標はさらなる高みにあるという。

「うちはチーズ屋であって、チーズ屋ではないと思っています。この店に訪れることで、チーズが作られている環境に興味を持ってもらったり、北海道まで足を運んでもらうところまで繫げていくのが役割。チーズは1つのきっかけに過ぎなくて、チーズを作った人も、買った人も幸せになれるような提案をしていきたいですね」。

ショーケースには、今野さんがセレクトしたチーズが所狭しと並ぶ。

野菜の取り扱いとともに、おいしい食べ方も紹介!

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 戦略不足で陥りやすい、6次産業化の落とし穴とは?
  2. 6次産業化のための8つのステップ【Part2】
  3. 耕作放棄地を再生! 6次化が生んだ成功ストーリー
  4. バイヤーと出会える! 生産品PRイベント開催!
  5. 6次産業化のための8つのステップ【Part1】
  6. 農業支援のため、農水省での経験を生かし始めたこと
  7. ストーリーで選ぶ!農家のロクジカワイン
  8. まずは「その6次産業化がなぜ必要か?」を考える
  9. 茶の魅力を世界へ「抹茶ティラミス」に懸ける想い
  10. 海外進出も! 徹底したブランディングが変えたもの

フリーマガジン

「ロクジカチャネル」

vol.21 / ¥0
2018年3月発行