成功事例

ストーリーで選ぶ!農家のロクジカワイン

鮮魚に合うワインを求めて
畑づくりからスタート

SAYS FARM 富山県氷見市

江戸時代から続く老舗・魚問屋が「鮮魚に合うおいしいワインをつくりたい」と耕作放棄地を開拓して立ち上げた異色のワイナリー。レストランや宿泊施設も併設し、海を見おろす丘からの絶景と魚料理、ワインを楽しみに人々が訪れる人気スポットとなっている。「SAYS FARMロゼ2016」は、和食とも絶妙なマリアージュ!

株式会社T-MARKS
TEL:0766-72-8288

自然にやさしい農業を柱に
耕作放棄地の解消を目指す

ぶどうばたけ 山梨県甲州市

「耕作放棄地を減らして地域を活性化させたい」との想いから、二人三脚で6次産業化に取り組む農園主・三森さんご夫妻。勝沼産ブドウ本来の味わいが感じられるよう、化学肥料の使用を極力控え、手絞りでのワインづくりにこだわる。「青デラヴァンムスー」は、収穫したばかりのデラウェアでつくったスパークリングの傑作!

有限会社ぶどうばたけ
TEL:0553-44-0356

羊たちと一緒に作る
環境にやさしい自然派ワイン

酒井ワイナリー 山形県南陽市

創業明治25年、ろ過器を使わないノンフィルター製法が特徴の東北の老舗。ブドウ畑に羊を放牧するというユニークな除草方法も話題で、羊たちはワイナリーのマスコット的存在にもなっている。
羊の排泄物は肥料として使い、自然農法を実現。長期熟成の「鳥上坂 名子山(なごやま)」は、渋味と酸味が調和した抜群の飲み応え。
※写真のラベルは現行ヴィンテージとは異なります。

有限会社酒井ワイナリー
TEL:0238-43-2043

< 123>

関連記事

アクセスランキング

  1. 6次産業化のための8つのステップ【Part1】
  2. 耕作放棄地を再生! 6次化が生んだ成功ストーリー
  3. 茶の魅力を世界へ「抹茶ティラミス」に懸ける想い
  4. 戦略不足で陥りやすい、6次産業化の落とし穴とは?
  5. 富士山ふもとの茶畑を前に、お茶を一服! 農家民宿「ちゃの生」
  6. 商品ブランディングでありがちな失敗例とは?
  7. 全国の生産者が誇る特産品とコラボ! かき氷甲子園7月開幕!
  8. 6次産業化アワード、農林水産大臣賞は熊本のオオヤブデイリーファーム
  9. 独自に始める? 6次産業化プランナーに相談する?
  10. 地域の人々に愛される! コラボ商品が成功する3つの秘訣とは?

フリーマガジン

「ロクジカチャネル」

vol.24 / ¥0
2019年3月発行